タグ別アーカイブ:

逆引き!甲冑解説~何て言うの?でもう悩まない!~

マニアックな趣味はある程度予備知識付けてからでないと入りにくい…とよく聞きますが、興味持ち始めた初心者さんやお仕事で甲冑を導入しようと検討されてる方に向けて、我々提供者がもっとわかりやすく寄り添えたら言語化できない要望や思いを引き出すお手伝いできないかなと考えました。

実際に打合せの場で伺ったワードをもとにした「何ていう?」からはじまる逆引き用語解説です。

逆引き(2稿)

⓪「よろいの編んであるトコ」・「よろいの編み方」=甲冑は確かに糸でつないでますが、編むのではなく威す(おどす)と言います。言葉の音だけ聞くとなんか物騒ですが、その語源は「緒(=糸)をとおす」からの→「おとおす」→「おどす」となりました。威し方はザックリ2種類!素掛威(すがけおどし)と毛引威(けびきおどし)です。毛引威は店主の大好物です。

素掛威(すがけおどし)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毛引威(けびきおどし)

鎧 南北朝

①「カブト・あたまの」=兜(かぶと)意外といろんな形があります。節句飾りなどでおなじみの定番のイメージは筋兜(すじかぶと)扇形の鉄板を矧ぎ合わせて鉢の形に成型した兜で、矧ぎ合わせで出来る筋と筋の間をまさに「間(けん)」と呼び、その生じた間の数を「間数(けんすう)」といいます。この間数が八間・十六間・三十二間…と数字が上がるほど筋も多くなります。室町時代から江戸時代まで幅広い時代で使われたので、色んな時代のいろんな武将に使いたい人にはマストアイテム。※弊店の兜は実際の矧ぎ合わせの工法ではなく矧ぎ合わせ風の筋を付けている物になります。その点はご了承ください。

 戦国時代になると頭形兜といったシンプルな形から桃形(ももなり)兜・烏帽子形(えぼしなり)兜等鉢の形にバリエーションが増えたり、全体的に造形が奇抜でオンリーワンなデザインの「変わり兜」も数多く登場します。弊店では過去に変わり兜のレプリカも何度か製作しておりますが、造形や使われている素材がヘンテk…否、奇抜すぎる物は、製造前の下調べや試作だけでも大変高価になるため「それも含めて予算!」と了承して頂ける例のみお受けしております。

 兜は基本的には、A・頭を入れる部分の鉢+B・首回りを覆うシコロ+C・顔の両脇にある吹き返しの3点で構成されてます。鉢の形、シコロの威し方や段数、吹き返しの形の組み合わせだけでも十分個性は出せます。また、吹き返しは戦国時代以降は付いてない例も多い【例えば作例画像の越中頭形は吹き返しなしです。】ので
「吹き返しは無しで!」
というオーダーが来ると「お…通ですね、お客様…。」と店主がそっと微笑みます。(作らなくていい。)

筋兜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頭形兜(越中頭形)

時代物工房 一助朋月の甲冑 販売中の鎧兜 越中頭形兜

桃形兜

x-default

変わり兜(富士山形兜)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

兜に他社製・自作の立て物(前立て・頭立て・後立て・その他装飾)を付ける場合のご留意事項

大前提として弊店製の兜に弊店製や弊店提携職人製以外の立て物を付ける想定はしておりません。

それでもご希望される以下ご留意して頂きたいことがございます。

〇新調される場合

・立て物の製作の職人様へ角元の寸法など予めお知らせする場合、当方で確定している事項はお知らせできますが、立物の大きさや形状、重量に合わせて当方で調整した方がよろしい部分は逆に情報をお知らせくださいますようお願いいたします。
(詳しく後述をご確認ください。)
・立物の重さは推奨100g以下、MAX150gでお願いいたします。
兜の重量が600~700gと軽量ですので、150g以上の物を付けるとバランスが崩れて、被った際に安定しなくなります。
被り心地が悪くなったり視界を遮るリスクもありますので重さはご注意くださいませ。また重さが150g未満でも大きさや形状により重心が取りにくくなる恐れがあります。

・当方の角元の寸法(材質はアルミ合金製です。)
1・差し込み部分の横幅=12mm、15mm、20mmこの3種類のうち、立物の大きさ・形状・重量に合いやすい物をお付けします。
2・差し込み部分の縦幅=立物の大きさ・形状・重量によります。
3・差し込み部分厚み=2mm
4・差し込み部分と鉢の隙間幅=立物の大きさ・形状・重量によります。
・何分にも統一された規格のあるものではなく、前立ての職人様も当方も手作業でそれぞれの工法で誂える物です。
完全にピッタリ合う物ではないと予めご留意ください。合わない部分はお客様にて大幅な調整が必要な場合もございます。

〇古物・完成品・オークション落札品・他の兜からの付け替え

・前提として、ほぼ合わないとお考え下さい。(弊店製でも各兜と前立ての組み合わせにより都度調整しておりますので、他のユーザー様の兜と合わない場合もございます。)
・前述項目の新調の場合の重さや寸法の情報をご参考に、お客様責任で工夫と調整をお願いします。

〇ご留意点

・どんなに打合せや情報共有の上でも合わないことはあり得ます。その場合の責任は一切負いかねます。またそれによる兜や装飾の破損も補償はできませんのでご了承ください。
・一度付けた角元の付け替えや寸法直しは出来ません。
・お客様責任で改造された兜は修理対象外です。
・兜と立て物は本来一対のお誂え物です。共通した企画や形状は無く「この兜に合うようにのみ作る」のが大前提ですので、新調なら製作時に「お客様・立て物の製作職人様・弊店」の綿密な情報共有をお願い申し上げます。古物や完成品・オークション落札品は「お客様の手で調整して合えば奇跡」ぐらいの気持ちでお願いいたします。